2010年01月12日

USF1、直線テスト日程追加を認められる

F1 News Digest

今日はテストの話題。USF1はFIAから米国におけるテスト日の追加の特例措置を認められた。チームはすでに、スペインの合同テストに参加する前に米国での走行を認められていたが、今回直線テスト2日を追加で認められた(1日の直線テストは4時間の風洞テストと交換可能)。つまり標準の直線テストは4日だが、USF1は6日実施できる。

また、ミハエル・シューマッハは12日、ヘレスのトラックでGP2マシンをテストする。シューミはF1マシンではないにしろハンドルを握り、GP2シリーズ主催者は彼のフィードバックとアドバイスを得ることに乗り気なので、このテストは両者にとって有益なものとなるだろう。

最後に、FIAはブリアトーレ追放撤回に対し控訴することを認めた。

markzu
posted at 08:01