2010年01月19日

バトン、バーニー・エクレストン、サーブ、フラヴィオ・ブリアトーレ、ペトロフ、ルノー

F1 News Digest

バトンがオートスポーツ・インターナショナル・ショーのインタビューで、マクラーレンでの初走行は2月3日と答えた。「僕は2月3日にテストする。初日はペドロ、次がルイス、そして3日目が僕だ」

バーニー・エクレストンたちのサーブ買収どうやら頓挫しそうだ。

フラヴィオ・ブリアトーレは、QPR(クイーンズパーク・レンジャーズ)売却の噂を完全否定、また「チーム代表としてF1に復帰することはない」としたが、ドライバー・マネージメント事業の損害について、「我々はアロンソ、(ヘイキ・)コバライネン、数人のドライバーを失った。失った収入についてFIAを訴えるかもしれない」と語った。

9億から13億の持参金を持ってカンポスやザウバーに売り込みをかけていたロシア人ドライバーのヴィタリー・ペトロフがターゲットをルノーに変えたようだ。琢磨、またまた厳しいかもしれない。

markzu
posted at 15:13