2010年01月24日

マッサ、アルグエルスアリ、ハイドフェルド、メルセデスGP、Planet-F1

F1 Diary

マッサが古いフェラーリでテスト走行。すでにカートや雪上レースなどで大活躍してるわけで、怪我の後遺症の影響はないと思われるが、F1マシンのコーナーやブレーキ時のGのかかり方は尋常じゃなく、唯一の心配事だったが、現時点では問題ないようだ。ただし、開幕戦終了までは結論が出ないと思う。

トロ・ロッソが、アルグエルスアリの残留を正式に発表。持参金ドライバーにちょっと心動かされたみたいだが、最後はレッドブル育成ドライバーを選んだようだ。これは正解でしょう、そうしないとレッドブルのドライバー育成システム自体が崩壊してしまう。

ハイドフェルドがメルセデスGPのリザーブ・ドライバー交渉をしているようだ。早ければ今月25日のメルセデスGPマシンのカラーリング発表会で発表されるらしい。本人が一番驚いているだろうね、まさか自分がレースシートを喪失するなんて。彼は速いしレースがうまいよ、本当は。ただし、運が少し足りないだけ。

Planet-F1のOff On F1を「パロディ」ととらえてくれない読者が多いのにはいつも驚かされる。特に個人名のタイトル記事では「本人が書いている」と思っているようなコメントやメールを多数いただく。原文はほとんど何も注釈なしなので、過去に一度僕も何も注釈をいれずに出したら、凄い数のコメントとメールが届いた。ほとんどが勘違いする人が多く出ますよという親切な忠告内容だったが、その忠告はいまだに正しいようだ。

Off On F1の話題をもうひとつ。ミハエル・シューマッハが引退して彼の日記の代わりにアロンソの日記をシリーズ化したがすぐに終了。現実がお遊び記事以上の事態になってジョークがジョークじゃなくなってしまった。これはマックス・モズレーも同じだった。

markzu
posted at 10:41